七日日記

七日日記です。更新頻度はそんなに高くないと言われています。

怪人・全身緑色怪人

先日、人間の細胞と植物の細胞を融合させることに成功したという旨のニュースを読んだ。素晴らしいことだ。私はそう思った。夢が広がる。広がりまくりである。

 

ところで、人間は二つのタイプに分けることができる。お察しの通り、光合成をしたいと考える人間と、そんなこと露ほども考えない人間である。前者、つまり光合成をしたいと考える人間にとって、件のニュースはそれこそ希望の一筋。荒れ果てた大地に降り注ぐ慈雨のように、願ってやまない吉報だったのである。

 

そもそも読者諸賢は光合成がなんたるかをご存知だろうか。軽くではあるが説明すると、光合成とは植物が”葉緑体”という部分で、光と水、それからCO2を用いてエネルギーを生み出す夢のような能力のことだ。人間に例えていうなら、水を飲んで光を浴びるだけで動けるようになる、なんかものすごい奴なのだ(直球)(適当)。

 

ここで話は戻る。人間細胞と植物細胞の融合に成功したという話である。

 

私の読んだ記事では、”植物遺伝子の発現まで成功”と書いてあった。嘘か本当かはわからないが、もし本当なら植物の機能が我々人間の体にも備えられる可能性があるということだ。なんと素晴らしい! これで私たちも光合成ができる! 寝てるだけでいい、働かなくていい完全グータラ生活の始まりだ!

 

 

 

とまぁこういう風に導入をしてみたわけだが、実際に光合成をしようとすると大きな障害がいくつかあるのだ。

 

例えば色。葉緑体ははたから見ると緑色をしている。植物全体も緑色をしているのだが、これは赤色の光と青色の光を吸収しているからである。つまり葉緑体が私たちの体で発現すると、もれなく全身が緑色になることと思われる。これは一大事だ! 私たちにはもはや、街中で笑われるかハルクと間違われるかの二択しか残されていないのだ!

 

あとは大きさの問題。植物と違って我々は体が大きい。その上動く。植物と比べたらそれはもうガンガン動く。ガンガンいこうぜと指示した覚えはないけれど、必然的にそうなってしまう。故に、大量のエネルギーを生み出さなくてはならない。光合成だけで賄おうとしたら、日がな一日中日に当たっていなければならないだろう。なんだそれは。もう植物じゃないか。

 

そんな感じで、まだまだ人類が超えるべきハードルは高い。なんとかしてこの融合成功というニュースを活かして欲しいと切に思う。

 

 

 

 

 

あ、光合成で生み出せるのはエネルギーだけなんで必須栄養素とか普通に食べて摂取しなくちゃダメだと思います(小声

降水確率70%の話

降水確率は天気予報に付き物である。降水確率なくして天気予報は成り立たない。トンカツにおけるキャベツみたいに、あるいは冷蔵庫における野菜室みたいに、それはもうズッ友なのである。

 

けれど私は、その降水確率という存在について違和感が拭いきれない。今日はそのよくわからない違和感を私なりに述べることで、それを読んだ諸賢ももやもやとした気持ちを抱えて梅雨を過ごしてほしいという私のジメジメした後ろ向きな気持ちによって更新される日である。

 

なお、もともと言語化しにくい違和感を無理矢理落とし込んでいるので、多少の訳わからなさは見逃していただきたく思う。

 

 

降水確率70%。天気予報のコーナーを担当するやたら美人なおねいさんがそう言うのを想像してみてほしい。今日の降水確率は70%です。

 

降水確率70%。つまり70%の確率で雨が降るということである。10回に7回雨が降る。

 

でもこれ、何をもって70%としているのだろうか と私は勝手に不安になる。

 

10人で王様ゲームをする。10本あるくじのうち、1本だけがアタリ、つまり王様。これで王様になる確率は10分の1で、10%。これはわかる。母数が、全体像が見えているからである。

 

対して降水確率70%。同じような雲行きの日が10日あったらその内7日で雨が降るということなのだろうか。なんだか納得しづらい。母数を見せろ!!

 

 

 

これを書いていてわかったのだが、どうも私は天気のような人が手出しできないものを無理矢理扱っているように見せることが嫌いらしい。つまるところそういうわけで、私の中で何かが解決してしまったためお終いである。

縫い針で釣りをする

「縫い針で釣りをする」

 

無理だと分かっていながら何かをする意です。今風に言えばノーチャンウェーイ。使用例としては、

 

「平常点重視の講義、半分も出席してないけどテストだけ受けるわ」

「それまぢ縫い針で釣りしてね??」

 

こんな感じでしょうか。悪意があるとかは知りません。

 

 

 

さて、この"縫い針で釣りをする"、何を隠そう私が産み出したことわざであります。すごいでしょ。今年の流行語大賞を狙っているので、読者の皆さんは日常生活でぜひとも使っていきましょう。

 

 

 

 

 

別に話のネタがないとかそういう訳じゃないです。来月は頑張ります。こいついつも来月頑張るって言ってんな。

何かを作るのはむずかしい

ニンテンドーDS、というゲーム機があります。ご存知でしょう。一世を風靡した任天堂の携帯ゲーム機です。大人も子供も分け隔てなく電子の遊戯に熱中するようになった原因であります。発売当時小学生だった私も例外でなく、簡単に魅了されてしまいました。

 

RPGツクールDS、というソフトがあります。こちらはご存知ないでしょう。その名の通り、ゲームを作るゲームです。当人の才覚、熱意次第でいくらでも遊べるゲームを、当時私は持っていました。

 

無論私に何かを作る才能、あるいは駄作でもなんでも完成させる情熱なんてものはなく、RPGツクールDSは早々に埃を被ることと相成りました。妥当ですね。

 

なぜ今になってこの話を持ち出したのか。それは小学生の私が考え出したストーリーが、未だに胸の内に居座るからです。この際ここにぶちまけて、厄介な過去の追跡からサヨナラバイバイしようという魂胆であります。

 

 

 

主人公は勇者です。RPGの主人公を勇者か光の戦士かにすることは、非常に楽な、もとい安全な基盤であると言えます。多少の無理もこじつけられます。まさに無難オブ無難。無難大賞2017大賞受賞待ったなしであります。

 

さてこの勇者、物語の開始時点でレベルがマックス、つまり100です。じゃあなんだ敵もそのくらい強いのか、という疑問ですが、ところがどっこい、敵は10とか20とかその辺です。ワンパン必死です。

 

このゲームにレベリング(キャラのレベルを上げること)という作業は存在しません。代わりに"レベルを下げる"という選択肢が存在します。

 

具体的に説明しましょう。

 

魔王を倒すべく一人で旅立った最強の勇者は、旅の途中、様々な街に立ち寄ります。街で勇者は、その街で暮らす住民の、いろいろな苦悩や障害に相対することとなります。一人娘が難病で死にかけていたり、魔物が怖くて立ち向かえなかったり。人並みの弱さを抱える一般人に、完全無欠の勇者は興味を惹かれます。

 

ーーそこで勇者は、"自身の強さを譲り渡す"選択を思い付くのです。

 

 

 

もちろん強さ(レベル)をあげるかあげないかはプレイヤー次第です。困っている人すべてに強さを渡し、レベル1となってしまった勇者で魔王に挑むも良し、レベル100のまま魔王を蹂躙するも良しです。マルチエンディング仕様。

 

まぁマルチエンディングにするということはそれなりに手間のかかることで、また道中にもそれなりに選択肢があるということはそれなりの会話、ストーリーを組まなければならないということで、一介の小学生にそんな芸当ができるはずもなくそのままお蔵入り、ということで今に至っています。

 

はい。供養はしたのでもう化けてこないでくださいね。

喫茶店と借金取り

 私はコーヒーが好きで、よく近所の喫茶店に足を運びます。けれども別にコーヒーに明るいわけでは決してなく、いつも店員さんがおすすめしてくれるモノを飲んでいます。美味い不味いの区別ぐらいはできますが、それ以上となると無理ですね。

 

 喫茶店で私は、いつも端っこの席に座ります。行く度行く度店員さんに「どうぞ〜〜」と手で示されるからです。私はその端っこの席にそれはもう座りたくて座りたくて震える、ほどではないのですが何故か店員さんは「どうぞ〜〜」と案内してくれます。あれほどにこやかに「どうぞ〜〜」なんて言われたら、断って別の席に移ることのできる人なんているのでしょうか(いや、いない)。

 

まぁ? 常連扱いされて私も悪い気はしませんし? というかむしろ私専用みたいにいつも空けてもらってるのが嬉しいといいますか?

 

 

 

 

 

 

 

 というのも、そこが唯一の一人席なのでいつも空いてるからなんですけどね。店側も空いたスペースに客を押し込みたいんでしょうね、よっぽど。

 

さて。

 

 

 先日、私はいつものように端っこの席に座ってコーヒーを嗜んでおりました。端っこの席の隣には端っこの席たる所以の店壁と、上方に小さな換気用の窓があります。端っこの席だから壁があって当然ではありますが、端っこの席がどのような端っこの席であるのか疑問に思われる端っこの席諸賢もおられるかと思いますので。端っこの席。

 

 晴れた日の午後だったと記憶しております、その時、小窓の方から声が聞こえてきました。

 

「おい! いるのはわかってんだよ!」

 

 一度コーヒーを口に含み、嚥下します。そうして落ち着いたところで、私は思いました。

 

 

 

これ、もしかして借金取りでは?

 

 

 再度、にわかに興奮を始めた私の心持ちを抑えるべくもう一度カップを口に運びます。しかしながら精神の安定がなされる前に、第二声が飛び込んできました。

 

「おい! でてこねェならピンポン鳴らすぞ!」

 

 間違いない。私は確信しました。これはかの有名な借金取りです。義理とか人情とか大切にしそうな方々のアレです。今まで文字の上でしか見たことのなかった借金取りが、薄壁一枚隔てて存在している事実に、私の心は踊りました。ピンポン鳴らすぞ、というやけに可愛い脅し文句にも、なんだか逆にリアリティを感じます。ピンポン。かわいい。

 

 それ以降借金取りの怒鳴り声を聞くことは叶いませんでしたが、どんどんと響く無機質な音はしばらく聞こえ続けていました(言い忘れてましたが、喫茶店は一階にあり、隣にはマンションがあるのです)。

 

 当事者にとってはたまらないでしょうけれど、赤の他人である私からしたら良い菓子うけとなりました。ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、この話をブログに書こうとしたところ思い出したことなのですが、くだんの隣のマンション、一階がお店になってるタイプのマンションでして、一階には人が住んでいないんですよね。あの借金取りは一体なんだったんでしょうか。

夜に聴くならクラシックをオススメします。

はいどうも。月イチの更新を目標としていたのですが気づいたら11月の最終日でした。もちろん書くネタなんてあるわけもないので、『夜に聴きたいロックな曲』という意味の分からない銘でつらつらと書き連ねようと思います。やったね!

 

ちなみに”お茶を濁す”は、親から教えて貰った唯一の技です。一子相伝です。

 

 

 

Nulbarich - NEW ERA

www.youtube.com

NulbarichからNEW ERAです。Jamiroquaiを彷彿とさせるバンドです。Virtual Insanityとかカバーしてほしい。聞けば良さがわかるので特に何も言いません。あとジャケットがかわいい。

 

 

hyukoh - Comes And Goes

www.youtube.com

先のサマーソニックでも演奏した韓国のバンド、hyukoh。ついこの間日本でもメジャーデビューし、これからシーンで見かける回数が増えるでしょう。22は良盤ですよ。その中の特に好きな一曲です。

 

 

UNCHAIN - テレスコープ・トリッパー

www.youtube.com

大正義UNCHAIN。歌詞といい曲調といい歌声といいグラスを傾けながら聞いてほしい。私はお酒飲めませんが。彼らのカバーアルバム、Love & Groove Deliveryにはハズレ曲がないのでそちらもどうぞ。

 

 

 

本当はもうちょっと書きたかったんですが、URLコピーして貼り付けって作業が思いの外面倒だったのでここまでです。本当はもうちょっと書きたかったんですが。本当ですよ。

 

来月は頑張ります。

法定速度を守っています!というあれ

「法定速度を守っています!」とかいうニュアンスのステッカーが貼られているトラックとか、ちらほら見かけますよね。

 

それ自体は別にいいんです。全然構いません。むしろ守っててえらい!すごい!かっこいい!って感じなんですが、たまに「法定速度を守っています!」に加えて「お先にどうぞ!」って書いてあるステッカーがあるんですよ。

 

完全に煽ってますよね、これ。要するに、

 

「あ、お先行きます? いいですよいいですよ、私は法定速度守ってますが全然いいですよ。私は法定速度守ってますが、それを追い越して行くんですよね? あ、別に何とも思ってないですよ? 法定速度を守って走ってる私を追い越して先に行くんだなーって思っただけです。ほら、どうぞどうぞ、お先にどうぞ!」

 

ってことですよね。めちゃくちゃいい性格してますよこの運転手。絶対パトカーが近くにいるときニヤニヤしてますって。「ほら、先に行くんじゃないんですか? 法定速度を守ってる私を追い越して、先に行くんじゃないんですか?」って。

 

 

 

そういう訳で最近、こういうステッカーの貼ってあるトラックを見ると勝手に気分が悪くなって困っています。

 

え? 私の心が汚いだけだって?